匠のアニメブログ

アニメ、漫画、ゲーム関連の考察、紹介を中心に記事にしています。

「盾の勇者の成り上がり」の魅力

f:id:takumi5610:20200731023806j:plain
こんにちは、アニメをこよなく愛する匠です。
( ´ ꒳ ` )ノ
今回は、「盾の勇者の成り上がり」です。
大好きな異世界モノ。そして勇者が他にも「剣」「槍」「弓」それぞれに勇者が存在し、
みんな転生されてこの世界に来ています。
何故4人なのか。。。
普通は5人やん?
(戦隊モノの基本メンバーとして考えた場合ですが( ̄▽ ̄;))と思う方もいらっしゃると思いますが、これはゆくゆくのお話で5人目が現れるのだろうと思います(▭-▭)✧



さて。
2014年に漫画化されて今では16刊。今も尚続くこの作品がアニメ化されたのが2019年1月。
続編2期and3期制作発表されました(。•̀㉨-)و ✧
続編が楽しみでならない作品の一つですが、
2期のアニメ化放送日は未だに明かされてません。( ̄^ ̄゜)来年(2021年)くらいには明らかになって欲しいものです。

明らかになった時にはまた記事にさせて頂こうかと思いますが、今回はこの作品の魅力についてですので、存分に?我輩流で申し訳ないですがご紹介させて頂きます( ´ ꒳ ` )ノ

①主人公の設定が王道から少しズレてる

f:id:takumi5610:20200731023823j:plain
まず勇者がそれぞれの特性を持ち召喚されるのですが。本人達からすれば無理矢理転生された感じですね。この作品の主人公「岩谷尚文(いわたになおふみ)」は、盾の勇者として召喚されます。

しかし「盾の勇者」は嫌われ者の勇者として蔑まれていて、初めのうちは騙されたりして結構酷い仕打ちを受ける事になります。
負の感情を蓄積していく尚文に呼応して、「盾」にも「憎悪」「怒り」が蓄積されて行き、次第に闇の性質を持つようになっていきます。

ですが従者「ラフタリア」や「フィーロ」によって支えられている尚文は何度も盾の闇の力に呑まれそうになりがらもその力をモノにしていきます。
「嫌われ者」の勇者の設定ですが、悪に染まり切れない尚文の性格のおかげかヒトを助け慕われていくところが、不器用な主人公の生き様が上手く描かれていて惹かれるところですね。

②ラフタリアがめっちゃカワイイ( *´艸`)

f:id:takumi5610:20200731023837j:plain
初めの頃は幼い子供として奴隷となっていたラフタリア。尚文に助けられ「従者」になります。当初尚文は武器が使えない(盾の勇者なので)故の攻撃手段としてラフタリアを従者とします。次第にレベルアップしていくラフタリアはいつしか見違える姿に成長します。
設定的には奴隷時期では8歳。

その後尚文の従者となってからはレベルアップを重ね見た目の年齢18歳にまで急成長しています。尚文のことを初めは「ご主人様」と呼んでいたがあるきっかけで「尚文様」と呼び方が変わります。この頃からですかね、尚文を異性として慕うようになるのは(;^_^A

急成長したラフタリアはとても可愛くて亜人種ならではの「耳」と「尻尾」が特徴です( *´艸`)
今後の成長に期待ですね!
f:id:takumi5610:20200731023847j:plain

③「波」と呼ばれる他の異世界からの侵略

このお話の主軸としてあるのがこの「波」の存在。この「波」の侵略を防ぎ切ることが本来の勇者の役目です。ここに大きな「謎」があり、
物語を面白くさせている「要素」となっているんだと我輩は思うのですが、1期では「波」から現れた他の異世界勇者と戦って追い払うこと成功した時点で終わってしまいましたが( ̄▽ ̄;)
「波」から現れる勇者もまた。
尚文達と目的は同じのように思える風でしたね。「波」とはいったい何なのか?
2期で少しでも謎に迫るところがあれば良いですね(▭-▭)✧

この作品は、別の作品「槍の勇者の成り上がり」という槍の勇者を主人公としたパラレルワールド作品も漫画で出ています。ちょっとお話が変わって描かれているところもあるので、興味ある方はぜひこちらもご覧下さい( ´ ꒳ ` )ノ
f:id:takumi5610:20200731024754j:plain


アニメランキング