匠のアニメブログ

アニメ、漫画、ゲーム関連の考察、紹介を中心に記事にしています。

「新世紀エヴァンゲリオン」の魅力

f:id:takumi5610:20200803055542j:plain
こんにちは、アニメをこよなく愛する匠です。
( ´ ꒳ ` )ノ
さて今回は。ちょっと時間があるので長編にチャレンジしてみようと思います(。•̀㉨-)و ✧
そう、我輩の変わらない不動のNo.1。
新世紀エヴァンゲリオン
です( ´ ꒳ ` )ノ
1995年にアニメ化されたこのアニメは、脚本庵野秀明さんの作品。もう今やこの方有名人ですよね。そして機動戦士ガンダム宇宙戦艦ヤマトに並ぶアニメに影響を与える作品となりました。しかしテレビ版については視聴率も良くなくて。賛否両論の意見があったそうな。。
でもそうかもしれません。
見た事ある方ならわかると思いますが。
奥が深過ぎるのか「意味不明」(笑)
初めて見た頃はこれ作った人は最終的に何を伝えたいのだろうと。よくわからない作品でした。最終話なんてホント意味不明です( ̄▽ ̄;)

恐らく人気が爆発したのはテレビ版の後の映画だと思います。「Air/まごころを君に」ですね。
そのあと「旧劇場版」を経て今のシリーズ。
「新劇場版4部作」が公開。最終章の「シン.エヴァンゲリオン」は公開が延期になってしまいましたが、2020年12月31日に公開という記事が出てました。本当に?Σ(゚д゚;)という半信半疑で上映を楽しみにしている匠です。

さてそれでは新世紀エヴァンゲリオンの魅力について。こよなく愛する匠が語りたいと思います( ´ ꒳ ` )ノ
f:id:takumi5610:20200803055617j:plain

☆目次

①ストーリーの中の謎

この物語に出てくるこの話の根本的な謎。
それは「人類補完計画」です。
それを成す為に計画を進めるゼーレ(上層部)と実際に任務にあたる下部組織「NERV(ネルフ)」で構成されてます。
ストーリーを考えるにあたって。難しいところから話を持ってきているようです。
題材になったのは「ヨハネの黙示録」なんだとか( ̄▽ ̄;)これについては難しくてよくわかってません。我輩の解釈では「人類補完計画」っていうのは、「人類」を「補完」する「計画」です( *˙ω˙*)و グッ!
(そのまんまやんけΣ\( ̄― ̄;))
まぁ人類を単体の生命体にして。永遠を手に入れるということらしいです( ̄▽ ̄;)そのトリガーにゼーレ側が用意したのがカヲル君なんですが。碇ゲンドウは息子であるシンジをトリガーにしようと企てるからサードインパクトが起きちゃうのです。
碇ゲンドウは、シンジの母、碇ユイに再び会う為にゼーレを利用しネルフを動かそうとしてます。この大人の都合に少年達は巻き込まれるというお話ですね。
まぁ簡単に説明すればこんな感じなのだと思いますが、その中で何故奥が深いのかというと。
言ってみれば「人類補完計画」っていうのは地球人を丸ごとひとつにしてしまう計画なので。
その分色んな手順を踏まないと達成出来ないよっていうこと。そこに色んなヒトの私情が絡みあって。複雑になってる感じです。まぁぶっちゃけこの計画に関して賛否両論だと思いますので( ̄▽ ̄;)反対するヒトも当然います。
そのひとつにシンジ達が見学という名のもとに加持リョウジが連れてきた場所。海洋生態系保存研究機構は恐らく反ネルフ組織との見方が強いと思います。

②個性豊かな登場人物

エヴァンゲリオンに出てくるキャラクターの名前の由来は、大日本帝国時代の軍艦に因んだ名前が使われているのだとか。(。•̀㉨-)و ✧
さてこのお話の主人公は?
f:id:takumi5610:20200803055646j:plain
零号機、初号機、弐号機パイロットのシンジ、レイ、アスカだろうと考えるのが妥当なんでしょうが、実は「シンジ」と「ミサト」なんだそうです。これはお話の後半に進むにつれて。
この二人を注意深く見ているとわかるのではないでしょうか。それでも綾波レイと式波アスカの相反する性格はとても個性的で、シンジとの三角関係っぽく描かれている場面もありますよね。この三人のキャラクターに人気は集まってはいますが、女性ファンにとっては渚カヲル君が人気1位なんだとか( ̄▽ ̄;)
f:id:takumi5610:20200803055700j:plain
さてその主人公の一人、「シンジ」にまつわる「考察」があって。我輩は上記の文章で、シンジを紹介した際「碇ユイの母」としました。
これには理由があって。
シンジの父親ってひょっとしたらゲンドウぢゃないんぢゃないの?Σ(゚д゚;)という考察があるんです。

じゃあ一体誰?

それはゲンドウの側近「冬月コウゾウ」。
f:id:takumi5610:20200803055830j:plain
彼は過去碇ユイの教え子として大学の教授をしていました。冬月はユイに興味を持ち自分の研究に参加させますが、ユイはゲンドウと何処かしらで知り合って冬月に紹介しています。
ゆくゆく二人はシンジとなる子供ができて結婚し、ゲンドウが婿入りして碇ゲンドウとなるのですが、考察のポイントはここではありません。お話の中に、度々冬月がシンジを気にかけるシーンがあること。そして新劇場版ではシンジを冬月が将棋に誘うシーンがあります。
そこでの会話の内容。そして、何故ゲンドウがシンジに冷たいのか。シンジの性格も考えればお母さん似なのですが、冬月にも少し似ている風なところがあるのでは。。と思わせるところがある点。そして何故ゲンドウはユイに再び会うことを望んでいるのか?という点を踏まえた上での考察になります( ̄▽ ̄;)
f:id:takumi5610:20200803055905j:plain
一応設定ではシンジはゲンドウとユイの子供とされてますが。そう感じる節がお話の中に出てくるための考察なので、真相は謎ですね(。•̀㉨-)و ✧見方を変えればまたこのエヴァンゲリオンが面白く見れるのではと思います。

もう一人の主人公「葛城ミサト」も過去のセカンドインパクトで父親を亡くしていて。研究に没頭する父親を嫌っていたことに対して「シンジ」に過去の自分を重ねていたことなどがあり、事ある毎にシンジに対して時には母親として。一人の女性として接するところがあります。他にも色んな個性豊かなキャラクターが登場するのですが、一人一人説明してると本当に長くなるので省略しますね( ̄▽ ̄;)

③パチンコ.パチスロでのエヴァンゲリオン

これはもうシリーズ化していますよね(笑)
当初から凝った機能と演出で人気のあるエヴァンゲリオンは今14代目でしょうか。
f:id:takumi5610:20200803055928j:plain
恐らくパチンコ台やスロットからエヴァンゲリオンを好きになった方もいらっしゃるのではないかと思います。
我輩もエヴァシリーズは勝ち負け関係なく大好きで、プレミア演出を携帯で動画を撮って記録している節があります(笑)
傍から見たら「何やってるやつ?」
っていう白い目線なんて気にもせず。
それっぽい演出が発生したらすかさず携帯を取り出し録画する様は。第三者から見れば滑稽かもしれませんね( ̄▽ ̄;)

④アニメに留まらない商業価値

ドラゴンボール然り。ワンピース然り。エヴァンゲリオンもまた商業価値としては群を抜いていると思います。同じように日本に留まることなく。世界で閲覧されてます。新幹線とコラボしたり。USJのアトラクションにもなりました。
それだけエヴァンゲリオンが好きな方が多く。
これからも続々とグッズやコラボ出てくると思います。楽しみでなりません。( *´艸`)
値段が高いのがたまにキズですが…(;^_^A

⑤あとがき

やっぱり長編になりました(;^_^A
あ!
因みに我輩が大好きなキャラクターは。
「マリ.イラストリアス
です!
マリは一番最初に「エヴァの呪縛」を受けたキャラクターではないでしょうか。推定年齢48歳ともう「おばちゃん」でミサトやリツコと同じ時を生きたと推定されていますが見た目は代わらず高校生ぐらいの肉体年齢になっています。
マリに関しては詳細がパイロットの中で一番謎にされているキャラクターなわけですが、そこがまた魅力の一つなのかもしれません( *´艸`)
そして、エヴァンゲリオンでの有名な「メガネキャラ」として人気のあるキャラクターです( ´ ꒳ ` )ノ
f:id:takumi5610:20200803055947j:plain

今年(2020年)の年末か。それとも来年なのかまだ公開日も謎に包まれている最終章「シン.エヴァンゲリオンll」が待ち遠しい匠です!
長文読んで頂き誠にありがとうございました!(୨୧•͈ᴗ•͈)◞

新世紀エヴァンゲリオンランキング


https://youtu.be/5bEGuNovuRM