匠のアニメブログ

アニメ、漫画、ゲーム関連の考察、紹介を中心に記事にしています。

「実写版 ヲタクに恋は難しい」を見た感想

f:id:takumi5610:20200915031845j:plain
こんにちは、アニメをこよなく愛する匠です。
( ´ ꒳ ` )ノ
漫画やアニメでこの作品は拝見させてもらっていて。とても楽しく見れていました。

だから、実写版も凄く楽しみでした。

映画館ではあいにく見に行くことが出来ず。
レンタルを心待ちにしていた作品です。


しかしレンタル開始されてからなかなか借りに行ったら全て貸出し中で(--;)
ようやく見れた作品です( ´ ꒳ ` )ノ




そして見た感想は…………




総合的な結論からしたら、とても残念な作品でした。


作品的には、もうコメディです。
基本コメディなので、笑えるところはありました。そして、ミュージカル風に作られているので各所に歌と踊りが取り入れられてました。

ぶっちゃけいらない。

漫画の原作と。
大体のストーリーは確かに漫画の原作に因んでますが、キャラクターの設定に違いがあったのも残念です。

日本のアニメが洋画で実写化されたら、文化の違いもあって作風が違うものになってしまったケースは過去に例があるのですが。。。

ドラゴンボール」が良い例ですね。



邦画でこれか…



と思ってしまいました。



「ヲタ恋」の良さを完全にぶっ潰した、コメディとミュージカルに力を入れたコピー作品。

という結論に至りました。
我輩、あまり作品に関して悪い評価はしてない方なのですけど。これはあまりにも今までアニメの実写版を見てきた中で一番の駄作です。


「ヲタ恋」のアニメ版は過去に記事にしていますが、とても良い作品でした。漫画も見ましたがヲタクと恋愛とが上手く融合された作品でした。

原作通りに作って欲しかったです。



これは映画だしアニメではないので、ランクは付けませんが、付けるとしたら、

「ランク外」

です。しかしあくまでも「我輩」の評価なので。あしからず(--;)基本コメディなので。
笑えるところもあったので、見方が違えば面白い作品なのでしょう。